美容の専門学校で一生働ける技術を身に付ける

美容の専門学校で一生働ける技術を身に付ける

美容の専門学校で美容師免許を取得

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容の専門学校は、昼間の2年制のコースでは高校卒業して入学する人が多いですが、通信コースを設けている学校もあり既にサロンで働きながら通っている人や、ダブルスクールの大学生、主婦など10代〜40歳代まで幅広い年齢の生徒が3年かけて決められた課程を受講します。実技・学科ともにスクーリングとよばれる面接授業があり、条件によって各々決められた日程を受講し休む場合は補講を受けることになります。いくつになっても新しいことにチャレンジしていける環境が準備されているので、挑戦してみたい人は通信コースの扉をたたいてみてはいかがでしょうか。

理容師や美容師になるには、厚生労働大臣が定めた美容の専門学校を卒業し、国家資格に合格しなければなりません。衛生管理や関係法規、使う薬品に関係する化学や物理、理美容の文化・技術についての講義形式の授業や、ウィッグを使ったカットやパーマ、スタイリングなどのサロンで使える技術などを習得します。その他にもエステやネイル、ブライダル、メイクなど頭髪に関する以外の人をきれいにする技術も合わせて学べるので、美容が好きで興味がある人、将来手に職をつけて美容の仕事をしていきたい人にとってはとても楽しく技術や感性を身につけられる環境にあると思います。通信コースは、昼間のコースより授業時間が少ないので本格的に美容の知識などを身につけたいのであれば昼間コースや、興味のある分野に特化したコースを選ぶことをおススメします。

Copyright (C)2017美容の専門学校で一生働ける技術を身に付ける.All rights reserved.