美容の専門学校で一生働ける技術を身に付ける

美容の専門学校で一生働ける技術を身に付ける

美容の専門学校に関して

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は10年前、美容の専門学校に通っていました。美容の専門学校の中では、大きい場所で1学年1000人ほど通っていました。美容学校は、2学年でした。人数は多いですが4分の1は辞めてしまいます。私も、何度思ったことか・・・。きらびやかな世界を夢を見て、美容師、メイクリスト、ネイリストなどなどに憧れて、入ってきますが、美容学校に入り、厳し世界だったということを思い知るのです。かなり厳しいです。実技授業と、学科授業があって、午前・午後に分かれています!!実技授業は不器用だったので、習得するのに、人の3倍習得時間がかかりました。器用な人は、苦労せずにすぐ出来てしまうのです。そういう面で、自身を失います。

先生も、かなり厳し人が多く、現場に出ていた先生なので、甘えは許されないとよく言われました。基本、優しく教えてくれるということはなくて、見て学べと教えられました。私たちが、現場に出た時に、困らないようにと思いました。理不尽なこともありました。最後、国家試験というものがあり、受かるために沢山練習します。受かる前提で、就職などもしますので、受からないと半年後また受けなければいけません。学科試験と実技試験どちらか落ちた方だけを再試験受ければいいんですが、さらに落ちると、また、1から両方の試験を受ける必要があります。

Copyright (C)2017美容の専門学校で一生働ける技術を身に付ける.All rights reserved.